目指す社会

振興センターが目指す社会

地域のなかで誰もが当たり前のように働き、暮らし、
                   しあわせを実感できる社会を目指して

作業所の事業の活性化による工賃向上は、障がいのある人にとって生活の糧を得るだけではなく、生活の幅や質を高め、自分らしく生きる礎となると考えています。
しかし、振興センターは、作業所で働く障がいのある方々の工賃向上を最終の目的としているのではありません。現在のところ社会的に必要な社会資源である作業所が、いずれ社会の成熟によりその役割を終える世の中を目指し日々活動をしています。つまり、誰もが当たり前に地域で働き、暮らす社会を目指しているのです。
地域の企業で当たり前に障がいのある人も働いている風景、仕事帰りの障がいのある人も当たり前に居酒屋でお酒を飲みくつろいでいる風景、障がいのある人も当たり前に家庭を築いていく風景・・・そこに何の疑問や違和感や特別な目がない社会。
誰もが、「理不尽な生き方」を強いられたり「望まない生き方」を選択せざるを得ない人生ではなく、人それぞれが持つ大いなる可能性や夢、希望に向かって平等にチャレンジできる社会、人それぞれの違いを包み込める包容力のある社会を創造したいと考えています。
それは近い将来とは未だ言えないかもしれません。それでも、振興センターはそのような社会を目指す一過程として、日々社会での起こる事項の真実を見る目を持ち、物事の本質を問い続けるとともに、人と人との人間的な「つながり」「絆」を感じることが出来る地域を創ることを大切にしながら、事業を展開していきます。
まさに私たちが日々働き、暮らす「地域」を、地域の方々と今後どのようにつくっていくか、「地域づくり」「国づくり」を私たちは障がいのある人達の「働く」という領域から事業を通して発信していきます。
是非、私どもが目指す社会についてご理解いただければうれしく思います。

お気軽にお問合せください TEL 077-566-8266 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP