平成27年度 介護等の場における知的障害者就労促進事業

介護等の場における知的障害者就労促進事業(県障害福祉課委託事業)

事業の目的

介護保険制度が開始された平成12年、滋賀県においては、すでに高齢者介護の現場において、障害のある人がスタッフとして働く事例があり、それをモデルとして、知的障害のある人が福祉サービスの「受け手」ではなく「担い手」になる場をもっと拡げていくことを目的に事業を開始しました。

事業開始から15年、これまでの修了者は平成27年3月末現在で183名。就職者数は69名。うち51名が介護サービス分野や保育分野に就労し活躍しています。また、研修を受ける中で、働くことに対する自信や意欲に繋がり、18名が一般企業での就労へ繋がるなど、大きな成果を上げてきました。

障害者居宅介護従業者基礎研修課程と重度訪問介護従業者養成研修基礎課程のカリキュラムを土台とし障害者ヘルパーや高齢者介護分野について学ぶとともに、今年度より県独自資格となるいきいき生活支援員養成研修を取り入れ、さらに働く上で必要な知識と技術を学び、実践として介護現場等での実習も実施します。

過去の実績から見えてきたことは、知的障害のある人たちが介護サービス分野等で働くことにより、介護サービスの受け手である高齢者に安心感や役割、生活感を与え、利用者が自分らしく生きがいのある生活を送るうえで大きな効果をあげてきました。このような、自然体で飾らず高齢者と接する障害のある人“ならではの働き”が結果的に事業所の「介護の質の向上」につながっていると評価をいただいております。

障害者居宅介護従業者基礎研修課程と重度訪問介護従業者養成研修基礎課程のカリキュラムを土台とし障害者ヘルパーや高齢者介護分野について学ぶとともに、今年度より県独自資格となるいきいき生活支援員養成研修を取り入れ、さらに働く上で必要な知識と技術を学び、実践として介護現場等での実習も実施します。より一層知的障がいのある人の介護分野での就労を進めるとともに、関係機関、団体、企業を有機的に連携させ、障害者雇用全般の推進を図ることを目的とし実施します。

湖南会場 5月19日~9月3日

 今年度の募集は終了しました。

湖東会場 7月14日~11月5日

 今年度の募集は終了しました。

問合わせ

担当:深津、松下、山路、大平

事業について

お気軽にお問合せください TEL 077-566-8266 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

事業について

  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP